CαT プレイガイドまとめ

2019年9月15日ブループロトコル


交易都市アステルリーズ

冒険の拠点となる巨大な交易都市。
今回のCaTは、このアステルリーズから冒険が始まります。
クエストを受けることができる開拓局、回復薬や武器、衣装の購入が行える各種商店、
移動時に便利な空間転送ポータル、アイテムの作成が行えるクラフトマシンなど、
様々な機能が揃っています。


アステリア平原

東西南北の4つのゾーンに分かれた広大な平原フィールド。
アステルリーズを旅立った冒険者は第一の試練として、

アステリア平原南のランドフォックス討伐を依頼されます。

同じアステリア平原南には、最初に訪れることになるダンジョン虫砦への入り口もあり、冒険の序盤は南ゾーンを中心に進行します。その後、冒険の範囲を東、北と進めることでキャラクターは成長していきます。

アステリア平原西のゾーンには、稀に特別なエネミーが出現しますが、十分に成長した冒険者でなければ太刀打ちできないため、しばらくは近づかない方がいいでしょう。


プレイガイド簡易まとめ

キャラクリ関係

・CaTでは、最大2体までキャラクター作成が可能
・クラス、プリセット、性別・体格、顔・髪型、衣装、ボイス等のカスタマイズが可能
・体型は2種類、幼い外見と大人びた外見
・顔・髪型は、肌色(7種)、髪型(6種)、輪郭(3種)、眉(3種)、目(3種)、瞳(4種)、鼻(3種)、口(3種)、ヒゲ(3種 ※男性のみ)の9箇所カスタマイズ可能
 今後のテストや正式サービス時に使用できるようになる項目が4箇所
・キャラクター作成時には、2つの衣装セットから選択が可能
・ボイスは男女それぞれ3種類ずつ用意されている
・名前は全角半角問わず、最大で12文字まで使用可能
 禁止語登録されている単語および、絵文字などの特殊文字は使用不可
 既に使われている名前も使用することが可能
・アクセサリーは正式サービス時に使用可能
衣装にステータス上昇の効果はなし


クラス関係

・CaTでは4種類のクラスが選択可能
 イージスファイターツインストライカーブラストアーチャースペルキャスターの4種
・ゲームをある程度進めると、ゲーム内でクラスチェンジが可能
・クラスチェンジをするとレベル1から始まる
・冒険の中心地になる「開拓局」の入り口付近に居る、クラスチェンジNPCに話しかけることでクラスチェンジが可能
・イージスファイターとスペルキャスターにはクラス専用ゲージがある
・スキルは通常攻撃の他、「レギュラースキル」「タクティカルスキル1~4」「ヒールスキル」「アルティメットスキル」の7種
・キャラクターはレベルアップすることで、様々なアビリティを習得
・アビリティを装備することで、キャラクターの能力やスキル性能を上昇させることが可能
・アビリティは取り外し可能最大3つまで装備可能
 同じアビリティを複数箇所同時に装備することは不可
2つ目以降のクラスでの経験値入手は、ダンジョンクリア報酬の経験値を手に入れることが効率的
・2つ目以降のクラスも、より育成しやすくなるよう、様々なシステムの追加を検討している


戦闘関係

戦闘時のみ消費されるスタミナゲージがある
・STはダッシュや回避、ジャンプで消費
・戦闘不能時には他のキャラクターから蘇生を受けるか、チェックポイントへ戻ることで復活出来る
・遠距離攻撃が可能なブラストアーチャー、スペルキャスターは攻撃可能な距離でエネミーに照準を合わせると白から赤に表示が変わる
 照準が白いままだと エネミーにダメージを与えることは出来ない


アイテム関係

・CaTでは最大で100個までアイテムを所持可能
・カテゴリは消費アイテム、武器、衣装、イマジンシードの4種
・消耗アイテムは、同じアイテムが1つのアイコンにまとまり、アイテム数1としてカウントされる
 武器、衣装、イマジンシードは同じアイテムを複数個所持していた場合、それぞれアイテム数1としてカウントされる
・武器はクラフトで作成が可能
 作成の難易度が高い武器は、装備時にステータスが上昇したり、特殊な能力を持っている場合がある
・衣装は、キャラクター作成時に選択したものの他、開拓局内のGC交換所で、入手することも可能
 GC(グローリーコイン)はクエスト報酬やダンジョン攻略時に入手可能
・「イマジンシード」は「バトルイマジン」と「アタッチメントイマジン」の2種類がある
バトルイマジンはクエスト報酬やエネミーの討伐報酬で入手可能な、装備する召喚獣的なもの
 使用することで攻撃や特別な効果を発揮
 ステータスが上昇する効果もある
 「ランドフォックスのイマジン」「オーガのイマジン」「ゴブリンのイマジン 」「ウリボのイマジン」等
アタッチメントイマジンは頭と両手、両足の合計5部位に装備が可能で、キャラクターの攻撃力や最大HPなど、様々なステータスを上昇させる効果がある


クエスト関係

・ クエストは、主に開拓局の受付嬢NPCから受けることができる依頼で、エネミーの討伐やアイテム収集など、その内容は様々
・クエストを完了して報告することで、経験値やルーノ、GC(グローリーコイン)、アイテムなど様々な報酬を受け取ることができる

ダンジョン

・ゲームを進めることで、ダンジョンへの入場を行えるようになる
・ダンジョンへの入場はフィールド上のダンジョン入り口から行う他、ダンジョンメニューから行うことも可能
マッチング機能を活用することで、 どこからでもダンジョンやパーティプレイを気軽に楽しむことができる
最大6名のキャラクターでパーティを組むことが可能
・CaTでの「マッチング申請」では、6名が揃った場合のみ入場が可能で、5名以下での入場は不可
・ダンジョン内の特定の場所には、宝箱が置かれており、アクションキーで中身のアイテムを入手することが可能
・宝箱の中身は、キャラクターごとに獲得する必要があり、同じ宝箱を空けた場合でも、キャラクターごとに、中身のアイテムは異なる
・制限時間は30分
・CaTでは「虫砦」「虫砦(ハード)」「巨竜の爪痕」「巨竜の爪痕(ハード)」に入場可能


虫砦

冒険者達が最初に訪れるダンジョン。
内部は高低差のある空洞となっており、虫や亜人などのエネミーが棲みついています。

虫砦

入場可能レベル:1
冒険の序盤で開拓局からの依頼で訪れることになります。

ソロでも攻略が可能な難易度となっており、ダンジョン攻略に必要な様々な要素をダンジョン攻略を通じて学ぶことができます。

虫砦(ハード)

入場可能レベル:13
冒険の中盤で再度訪れることになりますが、難易度が上がり、ソロでの攻略は困難です。

他の冒険者とパーティを組み、協力して攻略することをお勧めします。


巨竜の爪痕

巨竜の爪痕

入場可能レベル:9
虫砦を攻略し、開拓局に認められた冒険者が挑むことになる第二のダンジョン。ゴブリンを中心に様々なエネミーが冒険者に襲いかかってきます。

ソロでの攻略は困難なため、パーティを組んで攻略することをお勧めします。最奥には大型のエネミーが冒険者を待ち構えています。

巨竜の爪痕(ハード)

入場可能レベル:18
虫砦(ハード)を攻略した冒険者だけが挑戦できるCaT最難関のダンジョンです。パーティで挑まなければ、攻略は難しいでしょう。

最奥の大型エネミーはもちろん、道中の敵も手強く、落下しやすい構造でもあるため、熟練の冒険者でも油断はできません。


コミュ関係

・トーク(チャット)の範囲は近距離フィールド全域パーティプライベートの4種
ジェスチャースタンプ機能あり
・猫かわいい
・特定のシチュエーションになった場合に、自動でスタンプを発信する【オートスタンプ】機能がある
 範囲は「近距離」「フィールド全域」「パーティ」から選択可能
・「いつでもパーティOK」「手伝ってください」「ハチミツください」「ダンジョン行きましょう」 「手伝います」などの条件を含めてキャラクターの検索が可能
・「 いつでもパーティOK 」等の「ムードアイコン」はプロフィール設定画面で確認や、変更することが可能
・プロフィール設定では自身のフォロワー数を確認出来る


その他

・CaTでのレベル上限は25
・初回起動時はグラフィックのプリセットが最高画質に設定されているので、ゲームの挙動が遅い場合は、「オプション>グラフィック」の設定を変更して、グラフィックの品質を下げる
・「BLUE PROTOCOL」のエリアはゾーンチャンネルの構造になっている
ゾーンとは、実際のゲームプレイでローディングなしで移動できる範囲
・交易都市アステルリーズ、ダンジョンは1つのゾーン、アステリア平原は4つのゾーンで構成されている
・パーティーメンバーが別々のチャンネルにいる場合は「メンバーを招集する」機能で集まることが可能
・アステルリーズは1つのチャンネルに200キャラクターまで入場可能
・アステリア平原は各ゾーンの1チャンネルに30キャラクターまで入場可能
フィールドでは採取が可能
・アステリア平原では、 そのエリアの周辺に居るキャラクター全員を対象に、稀に緊急ミッションが発生
・緊急ミッションでは、特定のエネミーを討伐することが目的


クラス詳細

「BLUE PROTOCOL」では、様々なクラスが存在しており、クラスごとに特徴が大きく異なります。
CaTでは4種類のクラスが選択可能で、
キャラクター作成時にいずれかのクラスを選択する必要があります。
ゲームをある程度進めると、ゲーム内でクラスチェンジが可能になります。


クラススキル

通常攻撃

最初から使用可能な攻撃スキル。
クラスによっては、連続して使用することで広範囲攻撃に変化したり、エネミーの攻撃力を下げる効果が付与されるなど、派生効果が発動します。

レギュラースキル

最初から使用可能な戦闘用スキル。一部のクラスでは再使用までのインターバルが必要なため、連続使用はできません。
盾を構えて攻撃を防ぐ。回避をしながら矢を放つ。など
通常攻撃と比べて、よりクラスの特徴を表した行動をとるスキルです。

タクティカルスキル

威力と再使用時間のバランスに優れた主力スキル。
スキルごとに様々な特徴を持っており、適切に使い分けることで高い効果を発揮します。
最初から使用できるのは1つのみですが、レベルアップに伴い新しいタクティカルスキルを習得します。

ヒールスキル

自身や、仲間のHPを回復する効果のあるサポートスキル。
クラスごとに効果が異なり、ソロプレイ時はもちろん、
特にパーティープレイで重要なスキルです。

アルティメットスキル

高い威力と特別な性能を持ち、切り札となるスキル。
再使用までのインターバルが長く、乱発はできませんが、その分、他のスキルには無い威力と特殊効果で、戦局を変える力のあるスキルです。


イージスファイター

近距離攻撃クラス
剣と強固な盾を駆使し、前線を維持する。
防衛力に長け、相手の戦術を見極めながら、確実に敵撃破を狙う
攻守バランスの良いクラス。


シールドゲージ

【クラス専用ゲージ】
盾の耐久値を表し、エネミーの攻撃をガードすると減少します。
0になるとシールドブレイク状態となり、一定時間盾を用いたスキルが使用できなくなります。
シールドゲージは盾を使わずにいると徐々に回復します。

ブレイクスラッシュⅠ・Ⅱ

【通常攻撃】
入力キーにより、攻撃が派生する4連続攻撃スキル。
3撃目で方向入力をしない場合は、エネミーを攻撃力ダウン状態にするI、
3撃目で方向入力した場合は、高ダメージなⅡになる。

シールドガード

【レギュラースキル】
入力している間、盾を構えガードを行う。攻撃を防いだ時、
シールドゲージを消費する。
盾を構えている最中に通常攻撃を入力すると、カウンター待機状態となり、
待機中にガードが成立すると自動的にカウンタースラッシュで反撃を行う。
カウンター待機発動時にシールドゲージを消費する。

シールドバッシュ

【タクティカルスキル1】
盾を構え、突進をするスキル。
ヒット時にエネミーをスタンさせる。
発動中はガード状態になり、エネミーからの攻撃を防ぐこともできる。

ブロウビート

【タクティカルスキル2】
広範囲のエネミーを攻撃し、自分への狙われやすさも上昇させるスキル。

ディバイドスラッシュ

【タクティカルスキル3】
剣を一閃し、エネミーを貫通する衝撃波を放つスキル。
2回まで連続で放つことができ、エネミーからの狙われやすさが上昇する。

フォートレス

【タクティカルスキル4】
一定時間シールドゲージを消費せずにガードでき、
パーティ全体のダメージも軽減するスキル。
ガード成功時に、フォートレス以外のスキルのインターバルを短縮する。

ヒール

【ヒールスキル】
自分と範囲内に入ったキャラクターを回復させるオーラを放つ。

ジャッジメントシールド

【アルティメットスキル】
前方に衝撃波を飛ばす広範囲攻撃。ヒットした対象を大きくのけぞらせる。
また発動時にシールドゲージを全回復する。


ツインストライカー

近距離攻撃クラス
巨大な二本の斧で、敵を断ち切る。
自身へ強靭な力を与えるスキルを使いこなし、常に戦闘の前線で戦い続ける勇猛なクラス。


ビーストスイングⅠ・Ⅱ

【通常攻撃】
双斧による4連続攻撃。方向入力により、攻撃が派生。
3撃目で方向入力をしない場合は、高威力の多段攻撃のⅠ、
3撃目で方向を入力した場合は、広範囲に攻撃を行うⅡ、へとそれぞれ派生する。

アクストルネード

【レギュラースキル】
前へ踏み込みながら、回転切りを行うスキル。
アクストルネード中は、エネミーからのダメージが軽減される。また、エネミーから攻撃されてもリアクションを取らなくなり、スキルが中断されない。

ブルータルブロウ

【タクティカルスキル1】
双斧による薙ぎ払い攻撃。
チャージしてから放つことで、威力を増す。
また、エネミーにヒットしたときにHPを吸収する。

フォールインパクト

【タクティカルスキル2】
前方にジャンプし、斧で叩きつけるスキル。
空中で使用をすると、その場で落下する攻撃になる。
命中したエネミーから狙われやすくなる効果がある。

ストームラッシュ

【タクティカルスキル3】
双斧で乱舞攻撃を行うスキル。
最後の一撃はエネミーからから狙われやすくなる効果を持つ。

ウォークライ

【タクティカルスキル4】
雄たけびをあげ、一定時間、エネミーから攻撃されても、
リアクションを取らなくなり、行動が中断されない。
また、パーティ全体の与えるダメージを上昇する効果を持つ。

ライフドレイン

【ヒールスキル】
精神を高ぶらせ、一定時間、エネミーを攻撃をすると
自分のHPが回復する効果を得る。

ヴォルテクスインパクト

【アルティメットスキル】
双斧により、エネミーを打ち上げたあとに、
さらに地へ叩きつける荒々しいスキル。


ブラストアーチャー

遠距離攻撃クラス
機敏性の高い弓を操り、全てを貫く。
距離を保ちながら戦闘状況を判断し、弱点を狙ったり、範囲攻撃をしたり戦術の幅が広いクラス


アローラッシュ

【通常攻撃】
前方に矢を放つスキル。
連続して放つと、3射目が3連射撃になる。
また、移動しながら攻撃することも可能

スラロームショット

【レギュラースキル】
前後左右のいずれかに、回避をしながら矢を放つ。
回避方向は入力している方向によって変えられる

チャージアロー

【タクティカルスキル1】
前方に高威力の一矢を放つスキル。
3段階までチャージすることができ、威力が増加する。
エネミーの弱点に当てられれば、さらに威力が上がる。

スタンピードアロー

【タクティカルスキル2】
エネミーを追尾する毒矢を連続して放つ。
ヒット時にエネミーを毒状態にする。
ロックオンし、矢を一体に集中させることも可能

リーサルシャワー

【タクティカルスキル3】
ねらいを合わせた範囲に、矢の雨を降らせる。
最大3段階までチャージが可能で、
チャージするほど矢を降らせる時間が長くなる。

ハンタースピリット

【タクティカルスキル4】
精神を研ぎ澄まし、エネミーから狙われにくくなる。
また自分のチャージスキルのチャージ時間を短縮し、
パーティ全体のスキルインターバルを短縮する。

ヒールレイン

【ヒールスキル】
指定した範囲に、回復効果のある雨を降らせる。
3段階までチャージが可能で、
チャージするほど回復効果の時間が延長。

モータルグラビティ

【アルティメットスキル】
着弾した場所に強大な引力の力場を出現させる。
周辺のエネミーを一定時間引き寄せ、
ダメージを与え続ける。


スペルキャスター

遠距離攻撃クラス
杖を用いてエングラムを操作、変換する。
炎・氷・雷等を操り、連続してスキルを繰り出すことが可能な、瞬発力の高いクラス。


EP(エングラムポイント)

【クラス専用ゲージ】
スペルキャスターはEPを消費してタクティカルスキルを発動でき、EPゲージが残っている際はインターバル無しにタクティカルスキルを連続発動できます。
EPゲージは主に通常攻撃などで回復することができます。

トリニティショット

【通常攻撃】
前方に魔力弾を放つ。3連続攻撃。
ヒットさせることでEPを回復することができる

エングラムバースト

【レギュラースキル】
トリニティショットを圧縮し撃ち出す。
エネミーに命中するとEPを回復する。

ファイアブラスト

【タクティカルスキル1】
前方に火球を発射する。
最大3段階までチャージができ、段階に応じて、
火球の大きさ、与えるダメージが増加する。

ライトニング

【タクティカルスキル2】
エネミーを貫通し、帯電状態にする雷を放つスキル。
3段階チャージができ、段階に応じて雷の数が増える。
最大チャージで放つと、一定時間自分のチャージスキルのチャージ時間を短縮する。

ブリザード

【タクティカルスキル3】
照準を合わせた範囲に、吹雪を呼び出すスキル。
範囲中のエネミーは移動速度低下し、ダメージを受け続ける。
3段階までチャージができ、攻撃範囲拡大とダメージ回数が増加する。

コンセントレーション

【タクティカルスキル4】
精神を集中し、エネミーから狙われにくくなる
とともに、EPを継続回復するスキル。
また、効果発動中はパーティ全体のアルティメットスキルのインターバルを短縮する。

ヒーリングエリア

【ヒールスキル】
自分のいる場所を中心に、継続して回復効果を
持つオーラを放つスキル。段階までチャージでき、
段階に応じて効果範囲が広くなる。

メテオインフェルノ

【アルティメットスキル】
指定した範囲に隕石を落とす、強力なスキル。


操作方法

操作方法は「コマンドメニュー>オプション>操作設定」から変更が可能

キーボード&マウス

移動操作

移動・前W
移動・左A
移動・右D
移動・後S
ジャンプSpace
オートランT
回避/ダッシュShift
歩きAlt

戦闘操作

通常攻撃左クリック
レギュラースキル右クリック
タクティカルスキル1Q
タクティカルスキル2E
タクティカルスキル3R
タクティカルスキル4C
ヒールスキルV
アルティメットスキルTab
イマジンスキル11キー
イマジンスキル22キー

ダッシュは「コマンドメニュー>オプション>操作設定>ダッシュモードの変更」でホールド式とトグル式を切りかえることができます。
ホールド式の場合は、ダッシュキーを押している場合のみダッシュを行い、
トグル式の場合は、ダッシュキーを押すことで、ダッシュのオン/オフが切り替わります。

パレット・ロックオン操作

パレット1~8F1~F8
パレット次X
パレット前Z
ロックオンミドルクリック
ロックオン切り替え左Ctrl
ロックオン切り替え右ホイール↓

一般操作

アクション・納刀F
トークモードEnter
コマンドメニューEsc

クイックアクセス

キャラクター[
バッグI
クエストL
マップM
図鑑H
ダンジョンメニューK
パーティメニューP
オプションO
HUDの表示切替N
コミュニケート:

ゲームパッド

ゲームパッドはXInput方式のみ利用可能

※ XInput方式 : Xbox360コントローラー等のPCでも使えるコントローラーのこと

ロックオン LT
補助ボタン1 LB
回避/ダッシュRT
補助ボタン2RB
トークモードSelect
コマンドメニューStart
レギュラースキルYボタン
アクション・納刀Bボタン
ジャンプAボタン
通常攻撃Xボタン
移動左スティック
オートラン左スティック押し込み
カメラ操作右スティック
カメラリセット右スティック押し込み
パレット次方向キー・下

トークモードおよび、コマンドメニュー画面では、ポインターが表示されます。ポインターは左スティックで移動、Bボタンでクリックが可能です。

トークモードでのテキスト発言には、キーボードでの入力が必要です。

ダッシュは「コマンドメニュー>オプション>操作設定>ダッシュモードの変更」でホールド式とトグル式を切りかえることができます。 ホールド式の場合は、ダッシュボタンを押している場合のみダッシュを行い、 トグル式の場合は、ダッシュボタンを押すことで、ダッシュのオン/オフが切り替わります。 

タクティカルスキル1補助ボタン1+Xボタン
タクティカルスキル2補助ボタン1+Yボタン
タクティカルスキル3補助ボタン1+Bボタン
タクティカルスキル4補助ボタン1+Aボタン
ヒールスキル補助ボタン2+Xボタン
アルティメットスキル補助ボタン2+Yボタン
イマジンスキル1補助ボタン2+Aボタン
イマジンスキル2補助ボタン2+Bボタン

Posted by ブルプロ速報